銀行ではカードローン総量規制対象外となる

キャッシングなどを利用してお金を借りる時には、総量規制の金額を気にして限度額を設定する必要があります。貸金業者からの借り入れは、すべて合計して年収の3分の1以内の金額にしなければならないという規制です。

総量規制の法律が施行される前よりも、確実に借り入れできる金額は少なくなり不便になった、使いにくくなったと感じる方もいらっしゃるでしょう。どのように借り入れをするのかを計画するということは、とても重要なことになりましたね。

借り入れ先を選ぶことで、総量規制の金額を超えても利用できることはご存知でしょうか。「どこに申し込みをするのかで、借り入れできる金額が変わるのだろうか?」と疑問を持つかもしれません。実は銀行が発行する場合は、カードローン総量規制対象外となっているのです。

銀行カードローンもキャッシングと同様に、カードを使って借り入れや返済ができます。カードを発行せずキャッシュカードにキャッシングできる機能を付ける場合もありますし、インターネットのみでの借り入れと返済ができるようになっている場合もありますが、利用方法としては大きな違いはないと考えてよいでしょう。

借り入れをしたいと考えた段階で、総量規制の金額以上のお金が必要な場合もあるでしょう。また、利用していくうちにもっと限度額を大きくしたいと考えることもありますね。必ず年収の3分の1までに借入額を収めなければならないという貸金業者からの借り入れとは違い、総量規制対象外の銀行カードローンなら「もうちょっと借りたいのに。」という時に対応することができるのです。


カードローン、基本は収入証明は不要で借入

カードローンなどの申し込みって本当に簡単になりましたね。以前では考えられないくらいの簡単さを保っています。
手元に実際に使えるカードが来るまでの時間もかなり短縮されていますし、電話対応も早く、審査もあっという間に済み、苦痛な時間が殆んど感じられません。

それにどの会社もインターネットの普及のおかげで、パソコン、携帯などからの申し込みも簡単な上に、全体的に手続き自体がかなり省略化されたみたいで、無駄な労力も必要としないで済むようにもなりました。このことからカードローンを作ろうと思ったら直ぐに申し込みや審査に進めるようにもなりました。

あと、申し込みに必要な書類も直ぐに手元に用意出来ます。例えば本人確認の書類とかも、運転免許や健康保険証、パスポート等で楽に提示出来ます。あと、収入証明書類も簡単に揃えられます。基本的に金融会社にもよりますが、借入が50万円越え、100万円越えでなければ、収入証明書類が必ずしも必要でないところも多いですね。

中には最高で総額の借入が200万円超えをしていなければ、必要ないというところまであります。収入証明書類が必要な場合でも、簡単なところからだと、新しめの給与明細2ヶ月分とか、又は源泉徴収票や、確定申告書等で済んだりもします。最低でも借入や限度額が50万円を超えていなければ、基本は収入証明書類は不要でお金を借りることが可能です。つまり本人確認の出来るものだけでもOKという訳です。
これだけで申し込みが出来るので 気軽に作れますね。